トピックス

知ってる? 駅前再開発CiC(シック)ビルのお値段

カテゴリー:

本日、富山市議会経済教育委員会がありました。
その中で、市の財団法人などの経営状況報告があり、
私は、(財)富山市観光物産センターについて質問しました。
観光物産センターは、富山駅前再開発のCiCビルの5階に入っています。
この5階フロアーと6階の一部は、
ビルができた時に買い取ったものです。

その借金返済が、H3年度からH23年度でようやく終わったと。
借金返済のためのお金を、毎年、市と県から、
補助金という形で支払ってきました。
その床を買った元利それぞれ、いくらか?
回答は、

元金22億5千万円余、
利息11億9千万円余、

総額34億4300万円余です。
面積は、約2800㎡で、ビルの共益費も年間約200万円とのこと。


この再開発ビルを建てたとき、
国・県・市で約20億円の補助金が。

さらに、管理会社が経営破綻したとき、
3階フロアを市が4億8千万円で買って、
今度はさらに4階を5億7475万2千円で買う!!

言っておきますが、CiCビルは民間の再開発ビルです。
失敗したからといって、税金を際限なくつぎ込んでいいのか!!
経営破綻したあと、
税金による救済の道を初めて開いてしまったのが、
森市政です。
市民交流館とか、こども図書館とか、子育て支援センターとか、
市民が使いやすい施設を駅前につくるのはいいことですが、
今までつぎ込んだお金の額を見たら、スゴい金額。
わざわざ破綻した再開発ビルの床の切り売りを買わなくても、
別個に立派な施設がつくれそうなもの。
地下1階から5階までの半分が、
富山市のものに
なりますが、
将来、この再開発ビルの再開発が必要になるとき、
どうするんでしょうか?
あさっての委員会と議会最終日に、
床を買うことに反対討論します!!

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 富山市議会議員 日本共産党 赤星ゆかり All Right Reserved.